文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • ホーム
  • 調査研究論文
  • 表彰
  • 刊行物
  • 講演・寄稿
  • 財団の概要
刊行物
  1. ホーム
  2. 刊行物
  3. 発行図書
  4. 中小企業経営に生かすCSR・SDGs

新刊情報

 

中小企業経営に生かすCSR・SDGs -持続可能な調達の潮流とCSR経営-

図説 日本の中小企業2019/2020

 SDGs(持続可能な開発目標)、ISO20400(持続可能な調達)、人権デューデリジェンスといった国際的な潮流は、中小企業の経営にも大きな影響を及ぼしつつあります。先進的な中小企業は既に対応を始めており、ビジネスモデルを進化させ、CSR経営を実践しています。これには、多様なステークホルダー間の連携とその支援が重要です。本書は豊富な事例を基に中小企業がCSR・SDGsにどのように取り組むのか、大企業を始めとするステークホルダーは中小企業をどのように支援するのかを論じています。

【目 次】
序 章 なぜ中小企業がCSR・SDGsに取り組むのか
第1章 大企業の持続可能な調達と中小企業のCSR
日本電気株式会社(NEC)味の素株式会社、美津濃株式会社(ミズノ)、トーヨーニット株式会社グループ、有限会社穂海(ほうみ)農耕・株式会社穂海
第2章 ジャパンSDGsアワード受賞中小企業にみる先進的CSR
株式会社大川印刷、サラヤ株式会社、会宝産業株式会社、株式会社日本フードエコロジーセンター
第3章 中小企業のCSR・SDGsと多様なステークホルダーの支援
ニセコ町(SDGs未来都市)、横浜型地域貢献企業支援制度(横浜市・公益財団法人横浜企業経営支援財団)、武州工業株式会社、中川株式会社、吉田 正博氏(永続的成長企業ネットワーク代表理事)、マテックス株式会社(エコ窓普及促進会、ロングライフ・ラボ)、熊谷 謙一氏(日本ILO協議会・企画委員)
補 章 中小企業のCSR・SDGsを巡る課題
終 章 中小企業はCSR・SDGsにどのように取り組むのか

定 価:本体(1,500円)+消費税 B6版 256P
発 行:一般財団法人 商工総合研究所
2020年1月1日発行
ISBN 978-4-901731-33-1

ご購入はこちら

刊行物